1. ホーム
  2. 天然無垢の国産杉材
天然無垢の国産杉材
カネサダ横尾木工所では、燻煙熱処理という特殊な処理を施した国産(九州)の杉材を作っています。
国産杉を使う理由は、下記です。

【木材の移動距離がとっても短い】
輸入木材は通常数千~数万キロの移動距離がありますが、国産の杉材になると数百キロで済むため、移動時に排出されるCO2が10分の1以下になるのです。
環境に優しいですよね。

【日本の森林は復活する!!】
日本の森はそのほとんどが人工林で、木を切っても植林ができ、木が育ちやすい気候風土です。
しかし、世界にはロシアの永久凍土など復活しにくい森林もあります。

【CO2は木の中に蓄積される】
CO2(二酸化炭素)、木はご存知のように炭素でできています。
木は二酸化炭素を吸い、炭素を蓄えます。
私たちのまわりの木製品はCO2の塊と言えるでしょう。
木を沢山使い、また沢山植えることで、二酸化炭素を消費することが出来るのです。

【杉材の利点!】
杉は日本特産の代表的な樹種で、人工植栽は全国で行われており、日本で最も量がある木材です。
成長が早く、扱いやすい杉は、上記の問題をすべて解決してくれる木材なのです。

無垢板の魅力
無垢板は本来の持ち味を損なわないこと。
”木”本来の姿でご利用頂きたいという思いから、フシは省かずに敢えて補修のみを施しています。
板目のもつ流動的な力強さも、自然が作るアートとして様々な表情を見せてくれます。

燻煙熱処理
カネサダ横尾木工所の杉材は、燻煙熱処理を施しています。
木材を燃料とし、その熱と煙で木材の狂いを軽減させると共に、乾燥を促進させる方法です。
その際、使用する燃料に集成材や塗装済みの木材を使用するのではなく、廃棄されるはずの木材の端材を無駄をなく利用しています。
乾燥も同工程の中で行うので、いわゆる人工乾燥機のように重油等の化石燃料を使うこともありません。
燻煙乾燥木材の商品一覧燻煙乾燥木材の特徴

環境と人に優しい、天然無垢の国産杉材

有限会社カネサダ横尾木工所日田産杉原木優良材を一本一本吟味し入札(日田杉50~60年生)。
原木市場より運び込まれた原木は全て2mカット。
そして、製材から杉内装健材(壁・床・天井)まで一貫生産しています。
大切なのはエコロジーである事。
手間暇かけた製法は、一切の化石燃料を投入せず、全てバイオマス・エネルギーで賄います。
工場からゴミを出さない、ゼロエミッション事業所として2015年で12年になります。
限り無くナチュラルな杉材製品は、全国へ元気をお届けします。

会社概要杉板施工例杉材と環境問題

国産杉材-日田杉ショップ

日田杉専門、フローリング材(床材)・壁材・天井材など杉板を販売【カネサダ横尾木工所】
住所:〒877-0073 大分県日田市日ノ隈町311
電話番号:0973-22-5001、FAX番号:0973-22-0676
メールアドレス:info@hitasugi.com

■送料について
送料無料!
※地域によっては送料が発生する場合がございます。

■決済方法
銀行振込、代金引換(e-コレクト)、クレジットカード支払い、楽天ID決済
楽天ID決済

【銀行振込先】
筑邦銀行 日田支店 普通口座 口座番号:1502507 (有)カネサダ横尾木工所